高島屋の通販では人気商品はギフト!!


高島屋


歴史とサービスの高島屋も今ではインターネットで通販がデキル!!
人気商品はギフト!!


高島屋125x40

島屋 オンラインショップで高島屋の商品がインターネットで購入できます。

高島屋の歴史


天保2年(1831): 初代飯田新七が烏丸松原(京都)で古着・木綿商(屋号「たかしまや」)を始める。呉服店として京都に創業。

明治21年(1888): スペイン・バルセロナ万国大博覧会で銀牌を受賞

明治22年(1889): フランス・パリ万国大博覧会で金牌2個を受賞

明治24年(1891): イギリス・ロンドン大博覧会で賞牌を受賞

明治26年(1893): アメリカ・シカゴ・コロンブス世界博覧会で賞牌を受賞 明治27年(1894): ベルギー・アントワープ万国大博覧会で金牌を受賞

明治27年(1894): フランス・リヨン大博覧会で金牌を受賞

明治29年(1896): ショーウィンドーをいち早く始める。人だかりもすごくて、一躍、京都烏丸の名物にもなる。

明治30年(1897): 宮内庁御用達の栄を賜る。

明治31年(1898): 日本初の野外大型広告

明治42年(1909): 民間初の美術展の開催

大正8年(1919): 資本金300万円 株式会社高島屋呉服店として出発

大正11年(1922): 大阪長堀橋に新店舗開設

昭和5年(1930): 「呉服店」のイメージがそぐわなくなり、社名を変更。商号を株式会社高島屋に。

昭和7年(1932): 日本初の冷暖房装備をした百貨店が(大阪)に誕生。

昭和25年(1950): 「象のいる百貨店」を実現。多くの子供に夢や希望を与える百貨店になる。

昭和27年(1952): 包装紙のデザインにバラを採用。上品な雰囲気は特に好評で、その後類似品が出現。

昭和31年(1956): イタリアンフェアを開催。戦後初の海外商品の催し。

昭和33年(1958): 「ニューヨーク高島屋」をオープン。先陣を切って国際市場に進出。

昭和34年(1959): 日本初の外国人デザイナーを登用。フランスのデザイナーのピエール・カルダンと提携。

昭和44年(1969): 郊外型ショッピングセンターを二子玉川にオープン。二子玉川園駅前に誕生。

平成2年(1990): 業界初のプリペイドカードを発行。商品券とは違う魅力の新しいギフトのスタイルを世に提案。

平成8年(1996): 新宿駅南口に「タカシマヤタイムズスクエア」をオープン。

高島屋のギフトはインターネットで通販可能ですか?

インターネットでギフトの通販が可能。

ローズセレクション
「ローズセレクション」は年齢、性別を越えてどなた様のご要望にもお応えできるよう豊富な商品を用意。
いただいた方がカタログの中からご希望のお品物を選び、後日そのお品物をタカシマヤから直接お送りするギフトです。

ANAセレクション
タカシマヤANAセレクションは高島屋とANAがコラボレートし、各地のこだわりの食料品を厳選したチョイス型ギフト。



 

DHCオンラインショップ